職種別のエンジニア転職

データサイエンティストの転職|おすすめ転職エージェント厳選3選

2017年8月23日

データサイエンティスト

データサイエンティストへ転職しようかどうか悩んでいる方へ。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 初めての転職で不安
  • 年収・給料アップしたい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 自分に合った求人がなかなか見つからない
  • どの転職エージェントを利用すればいいのか分からない

悩んでいることを相談したい方は、転職のプロである転職エージェントに登録しましょう!

ここではデータサイエンティストの仕事内容、やりがい、求められるスキル、年収・給料、転職市場トレンド、データサイエンティストになるには、データサイエンティストにおすすめの転職エージェントについて詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの仕事はデータやグラフを見ながら分析したり、統計学を考えたりするだけではありません。データを分析するだけでなく、データを活用して事業の利益に貢献するまでが仕事です。

具体的にはシステムのログやSNSやブログなどでのソーシャルデータを収集し、保管する環境を構築、運用します。そこで構築した環境を用いて分析やレポートを行い、事業場の問題点の発見や問題解決のための改善提案をします。

また分析の基盤となる環境にはものすごい数のデータが集まります。様々な種類のデータが大量に集まることで、本当に重要な指標が見えにくくなります。

特に意思決定者は忙しく、1つ1つ分析していく時間はないのでデータサイエンティストが重要な指標を抜き出し、なぜ重要なのか、どのような影響を与えるのかをわかりやすく伝えます。

データの記録だけでなくそこから仮説を深めて、意思決定者の決断のサポートをすることがレポートの大事な役割です。

データサイエンティストのやりがい

データサイエンティストをやっていて大きなやりがいを感じるのは、自分の分析がうまく経営課題の解決に役立ったと感じたときです。

大量のデータの中からその意味性を見出し、意思決定者の決断を助け、これまでの人たちでは解決できなかったような難しい課題を発見・解決に導きます。

数字の羅列にしかみえないデータの塊をもとに自分でとことん考え抜いて得た仮説が認められて、たしかにはまったときは大きな喜びを感じます。

また自分の分析によって自社やクライアントの収益改善、課題解決につながって実際に自分の働きが人の役に立っていると感じやすいのもデータサイエンティストの特徴です。

大きな広告プロモーションでの分析となると、自分が社会を動かしているような感覚も味わえます。

データサイエンティストはまだできたばかりの職業です。その分仕事内容についても明確に定められているわけではなく、それは逆に、これから自分たちで創っていけるということでもあります。

ビジネス現場の最先端にいることが多いのもやりがいを感じやすいです。

データサイエンティストに求められるスキル

事業の利益にまで貢献することが仕事だとお伝えしたように、データサイエンティストは統計解析スキルはもちろん、ビジネススキル、ITスキルが求められます。

特に事業へ貢献するためにはビジネスモデルに対して深い理解が必要です。

顧客は誰でどんな価値を期待してサービスを購入しているのか。競合はどんなところなのか。そうしたことを理解した上でデータに基づく分析・提案をする必要があります。

そしてデータから導き出した仮説、仮説の検証方法、課題の解決策を意思決定者に納得してもらうためにもわかりやすく伝えるプレゼンテーションスキルも必要です。

またデータが格納されているデータベースを自在に操れるSQLやデータ処理を行うためのR、Pythonなどのプログラミング言語を1つでも習得しておくことが大切です。

データサイエンティストの年収・給料

データサイエンティストの年収の平均は655万円です。(http://heikinnenshu.jp/it/datascientist.html)

ただ実際に各社の求人情報を見てみると、同じデータサイエンティストでも経験や能力によって年収250万円~900万円と開きがありました。

特に技術力や専門知識、経験が求められる職業な分、能力の差が大きく給与の差になっていると考えられます。

そしてデータサイエンティストはすでに多くのデータを保有している規模の企業であることがほとんどです。そうした企業では「年収に上限を設定しない」としているところもあり、技術力があればあるほど年収が上がることが期待できます。

データサイエンティストは人材不足な職業でもある一方で、ビッグデータの有効活用は進められていくので売り手市場にあり、一定以上のスキルがある層の平均年収は今後も伸び続けていくでしょう。

データサイエンティストの転職市場トレンド

データサイエンティストはモノのインターネットやクラウド化が進んだことにより、ここ数年で集まるデータが増えたことを背景に、そのデータを活かしきれていないことから求められるようになった職業です。

そのため「データサイエンティスト」という職業自体、新しいものです。ビッグデータを解析するだけでなく、事業への活かし方まで考えるデータサイエンティストの需要は高まっており、企業の求人数も年々増加しています。

様々な業界で求められていますが特に、自動車関連企業や多数のユーザーを抱えるプラットフォーム企業での求人が伸びている傾向にあります。

これからますますデータ活用の重要性は増していくはずなので、今後も売り手市場が続くと予想されます。

データサイエンティストになるには

まず未経験者が最初からデータサイエンティストになるのは難しいと思ってください。それはビジネススキル・統計スキル・ITスキルと大きく3つの専門スキルが求められるからです。

そのためデータサイエンティストになることを考えれば、最初にマーケター(ビジネススキル)・アナリスト(統計スキル)・データベースエンジニア(ITスキル)のどれかを目指しましょう。

あるいは大学・大学院で統計学について専門的に学ぶ道もあります。研究を通して統計学の専門家と肩を並べるくらい知識と実践をしたあとで企業に就職し、統計解析のスキルを事業に活かす方法を身に着けていくこともできます。

どういった道で目指すにしろ、データサイエンティストになるためには講座に参加したり本を読んだりして自主的に知見を深めることが必要です。

データサイエンティストおすすめ転職エージェント厳選3選

データサイエンティストの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、以下の転職サポートを受けることができます。企業から紹介手数料をもらっているので、サービス利用料は完全無料となります。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

『リクルートエージェント』データサイエンティストへの転職には登録必須

リクルートエージェント

各項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

リクルートエージェントの特徴

約2,000件以上のデータサイエンティスト求人を保有

データサイエンティストのキャリアアドバイザーが非公開求人も含めて最適な仕事を紹介

全国の求人に対応しており、まずはキャリア相談から対応してもらえる

『ワークポート』IT人材におすすめNo.1

各項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

ワークポートの特徴

転職決定人数No.1

IT業界・ゲーム業界に強い

転職を考えているデータサイエンティスト全ての方におすすめ

『doda』大手からベンチャーまで高年収の求人多数

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★☆
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

dodaの特徴

大手からベンチャーの幅広い求人数が強み

中には年収800万円以上の高年収求人を取り扱う

データサイエンティスト求人をたくさん紹介してもらいたい方におすすめ

『レバテックキャリア』東京・大阪の企業へ転職する方におすすめ

各項目評価
総合評価 ★★★
求人数・質 ★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★☆
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 関東・関西

レバテックキャリアの特徴

IT・Web業界専門の転職エージェント

元エンジニアのキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポート

応募する求人の仕事内容・職場の雰囲気を細かく教えてくれる

まとめ

転職サイトを使いながら自分1人で転職活動する場合、求人探しから始まり、履歴書/職務経歴書/スキルシートの作成、面接対策、企業との面談日程調整、企業との給料・条件面の交渉、退職手続き、入社時の手続きを全て一人で行わなければなりません。

しかし平日は仕事で忙しく、休日はプライベートで用事があったりして転職活動のための時間を割くことができずに、「転職をしたいと意識してから、気づけば2~3年過ぎてしまった。」という方は非常に多いです。

そんなあなたの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

以下のサポートを無料でしてくれるので、いち早くスムーズに転職を成功させたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

ただ考えているだけで行動に移さないままでは現状維持の状態ですので、全く何も解決することができませんし、年齢が上がるごとに採用求人枠が少なくなってしまうので転職することの難易度が上がっていきます。

そのため転職をしたいと意識した今が、あなたのモチベーション的にも転職活動を始めるべき絶好のタイミングであるといえます。あなたの目的別に転職エージェントに登録して理想の企業への転職を成功させましょう!

  • リクルートエージェントデータサイエンティストへの転職には登録必須
  • ワークポートIT人材におすすめNo.1
  • doda大手からベンチャーまで高年収の求人多数
  • レバテックキャリア東京・大阪の企業へ転職する方におすすめ

人気記事IT転職エージェントおすすめ【IT人材は登録必須】

IT人材におすすめの人気記事

1

「IT人材はどこの転職エージェントを利用すればいいの?」と悩んでいませんか? この記事では、IT人材の方の転職を最大限効率的にサポートしてくれるおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 IT人材 ...

-職種別のエンジニア転職

Copyright© Career Engineer , 2019 All Rights Reserved.