Webプログラマー(PG)の転職 職種別のエンジニア転職

Webプログラマー(PG)の転職|おすすめ転職エージェント厳選5選

2017年6月16日

Webプログラマー(PG)へ転職しようかどうか悩んでいる方へ。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 初めての転職で不安
  • 年収・給料アップしたい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 自分に合った求人がなかなか見つからない
  • どの転職エージェントを利用すればいいのか分からない

悩んでいることを相談したい方は、転職のプロである転職エージェントに登録しましょう!

ここではWebプログラマー(PG)の仕事内容、やりがい、求められるスキル、年収・給料、転職市場トレンド、Webプログラマー(PG)になるには、Webプログラマー(PG)におすすめの転職エージェントについて詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

Webプログラマーの仕事内容

Web系プログラマーの仕事内容は、他の分野のプログラマーと同様コーディング業務が主となります。その他テスト実施やデバッグ作業なども重要な仕事内容です。

コーディング業務といっても具体的にどんなサービスに利用されるプログラムを組んでいくのでしょうか。インターネット上で目にするショッピングサイトやアンケートフォーム、ソーシャルゲームなどをイメージするとわかりやすいかもしれません。

GoogleTwitter、楽天やmixiなど、普段よく目にするサービスでWeb系プログラマーが活躍しています。コーディング業務に限らず全工程を任せられるという企業もありますので、求人情報の中からあなたに合った仕事内容を調べることが重要です。

常に新しい情報・技術を利用することが多い点などがweb系の特徴となります。SIerで長年同じ経験しかできないことに悩んでいる人にとっては、スキルアップのチャンスになるといえますね。

Webプログラマー(PG)のやりがい

Webプログラマーをしていて一番やりがいを感じられるのはやはり、自分でコーディングしたプログラムが正常に動作したときです。無事に動いたときはやりがいと同時にほっとするような安心感も得られます。

またWebデザイナーやWebディレクターとチームを組んで仕事をするときには、様々な職種の人と協力して1つのWebサイトを立ち上げたときは1人で何かを作るときとは違う達成感があります。

他人でもメンテナンスしやすいコードを書くことや美しいコードを書くこと、効率的なロジックを組み立てることなど自分なりの目標を持って取り組み、最先端の技術を使うことになるので新しいことをすぐに試すことができます。

このような工夫をこらしながらプログラムの実行時間を高速化したり、動きのあるサイトにしたりと自分のスキルが直結して、クライアントやチームの求めるものを作ることには大きなやりがいがあります。

Webプログラマーに求められるスキル

Web系プログラマーに必要なスキルのひとつがプログラム言語ですよね。数多くあるプログラム言語の中で、Web系ではどんなものがよく利用されているのでしょうか。

よく利用されているweb開発の言語は、PHP、Ruby、Java、Python、Perlです。

この他にもUnixOSやシェルスクリプト、コマンドの基礎的知識やSQLDB知識、各種フレームワーク、Android知識などがあると強みになります。

Webプログラマーとして求められることはこれらの知識やスキルだけではありません。ミュニケーション能力や積極的に新しいものに取り組む向上心などは仕事を進めるうえで重要な能力となります。

Webプログラマー(PG)の年収・給料

Webプログラマーの年収は平均490万円、給料は毎月30~40万円です。(出典:平均年収.jp http://heikinnenshu.jp/web/webprogramer.html

Webプログラマーと言っても、HTMLやCSSの知識だけでできる仕事の場合、年収は低い傾向にあります。

一方で、データベース連携やメールフォームなどのプラスαの知識が求められる職場である場合は、それに伴って年収は高くなります。

Webプログラマーは技術職であるという点で、年齢というよりもこれまでの実績やスキルによって年収の幅が大きく変わります。

Webプログラマーという職業では収入に限界があり、年収1000万円を目指そうと思えば、システムエンジニアのように上流工程に関わらなければ難しいでしょう。

Webプログラマーの転職市場トレンド

成長中のWeb業界では人材不足が課題となっています。特にWebプログラマーは需要が高まっており、求人数も多くあります。

ですが、HTMLやCSSの基礎ができるというだけでは高い年収を期待するのは難しく、フレームワークを理解していたり、他のプログラム言語を理解したりしていることがWeb系プログラマーの転職では有利になります。

SIerとの比較では、Web系求人の年収層は若干高い印象で、転職希望者も増えています。

長期間同じ環境・言語を使い続けるSIerを続けている人が新しい技術・アイデアを求めて転職に踏み切るという場合も多いですね。

全く知識のない状況では難しいかもしれませんが、ある程度のプログラム知識をつけていれば、未経験からの転職も狙えるのが現在のWeb系プログラマー転職の状況となります。

Webプログラマー(PG)になるには

Webプログラマーになるには、専門学校や大学でプログラミングについて学んだあとにWeb制作会社や事業会社のWeb部門に入ることが一般的です。

新卒の場合は未経験でも採用されることが多く、入社後の研修でスキルを学び、実務を通して身に付けていけば問題ないことが多いです。

しかし転職してWebプログラマーになろうとするならば最低でも、自分で何か作った経験が必要です。転職してくる人に求められるのは即戦力だからです。

今は参考書やオンラインスクールで独学でも勉強して、実際にWebサービスを開発できる環境が整っています。

未経験だからといって何もしないのではなく、面接時には作ったものを見せられるようになっておくとスムーズに転職できるでしょう。

Webプログラマー(PG)おすすめ転職エージェント厳選5選

Webプログラマー(PG)の転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、以下の転職サポートを受けることができます。企業から紹介手数料をもらっているので、サービス利用料は完全無料となります。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

『ワークポート』IT人材におすすめNo.1

各項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

ワークポートの特徴

転職決定人数No.1

IT業界・ゲーム業界に強い

転職を考えているIT営業・ITエンジニアの全ての方におすすめ

『レバテックキャリア』はじめて転職する方は登録必須。※東京・大阪のみ対応可能

各項目評価
総合評価 ★★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 東京・大阪

レバテックキャリアの特徴

IT・Webエンジニア特化型の転職エージェント

キャリアアドバイザーのレベルは業界最高クラスの満足度

大手優良企業からベンチャー企業までカバー。年収大幅UPの実績多数

『マイナビエージェントIT』大手マイナビが運営。20代・第二新卒に強い

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

マイナビエージェントITの特徴

大手マイナビだけの独占求人多数。非公開求人数80%

ITエンジニア専門のキャリアアドバイザーが転職アドバイス

親身で丁寧なサポートと評判が高く、20代・第二新卒エンジニアにおすすめ

『リクルートエージェント』20代から40代まで幅広く対応

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

リクルートエージェントの特徴

20代から40代まで幅広く対応可能

今のWeb業界の転職動向、転職全般のアドバイスが受けられる

半年から1年先の転職希望者であれば、まずは相談からできる

『type転職エージェント』年収アップの転職に強い。※首都圏のみ対応可能

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 首都圏

type転職エージェントの特徴

「年収アップは必須!」という人におすすめ

首都圏の転職のみ対応可能

Web業界を熟知したキャリアアドバイザーが親身になってサポート

『doda』幅広い求人を紹介してくれる

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

dodaの特徴

求人数は業界トップクラス

希望に応じて求人をたくさん紹介してもらえる

全国各地に面談拠点があり、20代から40代まで幅広く対応可能

まとめ

転職サイトを使いながら自分1人で転職活動する場合、求人探しから始まり、履歴書/職務経歴書/スキルシートの作成、面接対策、企業との面談日程調整、企業との給料・条件面の交渉、退職手続き、入社時の手続きを全て一人で行わなければなりません。

しかし平日は仕事で忙しく、休日はプライベートで用事があったりして転職活動のための時間を割くことができずに、「転職をしたいと意識してから、気づけば2~3年過ぎてしまった。」という方は非常に多いです。

そんなあなたの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

以下のサポートを無料でしてくれるので、いち早くスムーズに転職を成功させたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

ただ考えているだけで行動に移さないままでは現状維持の状態ですので、全く何も解決することができませんし、年齢が上がるごとに採用求人枠が少なくなってしまうので転職することの難易度が上がっていきます。

そのため転職をしたいと意識した今が、あなたのモチベーション的にも転職活動を始めるべき絶好のタイミングであるといえます。あなたの目的別に転職エージェントに登録して理想の企業への転職を成功させましょう!

  • ワークポートIT人材におすすめNo.1
  • レバテックキャリアはじめて転職する方は登録必須。※東京・大阪のみ対応可能
  • マイナビエージェントIT大手マイナビが運営。20代・第二新卒に強い
  • リクルートエージェント20代から40代まで幅広く対応
  • type転職エージェント年収アップの転職に強い。※首都圏のみ対応可能
  • doda幅広い求人を紹介してくれる

人気記事IT転職エージェントおすすめ【IT人材は登録必須】

IT人材におすすめの人気記事

1

「IT人材はどこの転職エージェントを利用すればいいの?」と悩んでいませんか? この記事では、IT人材の方の転職を最大限効率的にサポートしてくれるおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 IT人材 ...

-Webプログラマー(PG)の転職, 職種別のエンジニア転職

Copyright© Career Engineer , 2019 All Rights Reserved.