探そう。IT・Webエンジニアの転職エージェント

Career Engineer

言語・スキル別のエンジニア転職

Swiftの求人案件|ITプログラマー・エンジニア転職

投稿日:2017年10月7日 更新日:

Swift

Swift求人・案件の転職を考えてはいませんか?

ここではSwiftの「特徴」「人気Webサービス」「仕事内容」「必要なスキル・経験」「年収・給料」「需要と将来性」「転職市場トレンド」「おすすめ転職エージェント」について説明しています。

Swiftエンジニアとしての転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

Swiftとは

Swiftとは2014年6月2日、Worldwide Developers Conference2014で発表されたプログラミング言語です。AppleのiOS、macOS、Linuxで利用できます。

2010年から4年間開発が進められて発表されたもので、「モダン」「安全」「高速」「インタラクティブ」がキーワードとして作られました。

Swiftとは、英語で早い、迅速なという意味があり、ツバメの一種のアマツバメを意味します。もともとApple製品のアプリケーションではObjective-Cという言語が使われていましたが、使いこなすのに時間がかかるということでエンジニアから避けられていました。

そんな課題から誰でも自由に改良や作成ができるようにとの思想で開発された言語がSwiftです。

Swiftの3つの特徴

1.Objective-C言語と互換性がある

Conferenceで発表された「インタラクティブ」の部分。SwiftはObjective-C言語、Objective-C++言語、C言語と共存する事を元々意図されて作られた言語なので、それらと互換性があります。

2.実行速度が高く、リアルタイムに実行可能

Conferenceで発表された「高速」の部分です。Swiftには、LLVMという高速なコンパイラが実装されています。CPUに負荷の高いプログラムほど実行速度が有利で、Objective-Cよりも速いです。

またXcodeのplaygroundを使えば、リアルタイムに実行結果を見る事ができます。JavaやC言語などではコードの追加や修正によって動作がどのように変わるかを確認するには、実際にシステムやアプリケーションを実行する必要がありました。

リアルタイムで確認できるということは、開発のスピードが上がることにもつながります。

3.コードの安定性が高い

Conferenceで発表された「安全」の部分です。

オーバーフローチェックをする以外にも、記述ミスによるバグや突然落ちてしまったり、予期しない動作をしたりしないように言語仕様として組み込まれています。

特にSwiftは変数の型に厳しいです。一般的な言語では暗黙的に変換してくれるような記述もエラーとなります。

こうした仕組みによってプログラマのミスによる不具合が起こりづらいコードを書くことができます。

Swiftで作られた人気アプリ

Swiftは特にiOSアプリで利用されることが多いです。これはObjective-cに変わる言語として開発されたものですから当然といえば当然です。

Swiftで作られた人気アプリは、Smartnewsやヤフーショッピング、クックパッドなど日本でも多数のiOSユーザがインストールしているアプリで使われています。

iOSアプリはSwiftでなければならないというわけではなく、Objective-cやC#でも開発できます。ですがSwiftの使いやすさから書き換えるアプリも増えてきています。

特にヤフーショッピングやクックパッドのiOSアプリはもともとObjective-cで作られていたものをSwiftに一部、もしくは全部を書き換えて利用されています。

Swiftエンジニアの仕事内容

Swiftエンジニアはアプリケーション開発に特化した仕事がほとんどです。iPhone、iPad向けのiOSアプリではSNSやゲーム、ビジネスツール・アプリの開発が主流となっています。

またMacアプリでは業務効率化ツールやビジネスツールアプリの開発が主流です。

SwiftエンジニアはSwiftによる開発だけでなくObjective-cから移行する仕事をすることもあります。そのためSwiftだけでなくObjective-cの仕様も把握しておくと仕事の幅を広げることができます。

そして同じSwiftによる開発とは言っても、開発で使うフレームワークは企業によってことなります。フレームワークごとに独自の特徴があるので、転職先の企業ではどんなフレームワークを使っているか事前に確認しておきましょう。

Swiftエンジニアに必要なスキル・経験

一からSwiftのみで開発する案件はまだ少ないです。一方でObjective-cからの移行案件は増加傾向にあるので、合わせると応募する求人の選択肢が広がります。

SwiftエンジニアはObjective-cも扱えることが必須といえるでしょう。

またSwiftエンジニアとしてiOSアプリの開発経験は求められます。現職で開発経験があればそれをそのまま実績として使えますが、なければ独学で一度開発からリリースまで経験しておくことがおすすめです。

Swiftに関する情報はまず英語で発表されることがほとんどなので、最新技術の動向を知るためにも英語力、特に読解力があるとなお良いです。

Swiftエンジニアの年収・給料

求人検索エンジン「スタンバイ」が発表した2017年のプログラミング言語別平均年収ランキングでSwiftは4位、562万円でした。

エンジニアとして需要の大きなJavaやPHPより高くなっており、需要に比べてSwiftエンジニアの人口が少ないことがその理由と考えれます。

iOSアプリの開発で主に使われていたObjective-cからの移行案件も増えているため、Swiftエンジニアの需要はますます大きくなると期待できます。

さらに開発だけでなくプロジェクトマネージャーや設計のような上流工程から関わる仕事に就くと年収は1,000万円を超えることも多くなります。

Swiftエンジニアとして年収を増やすのならば技術力以外にもコミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント能力などのビジネススキルも高めることが大切です。

参考:https://jp.stanby.com/media/programming_ranking2017/

Swiftエンジニアの需要と将来性

Swiftは2014年に公開されて以来、導入する企業は増えてきています。iOSアプリの市場が拡大している中、Swiftエンジニアの現時点での需要は大きいです。

また2016年4月にはGoogleがAndroid OSのメイン開発言語としてSwiftを導入する計画を検討しているという報道がありました。その他FacebookもSwiftへの取り込みに前向きな姿勢を示しています。

Swiftは歴史も浅く、これからiOSアプリだけでなくWEBアプリ開発でも有用なフレームワークやライブラリが充実してくることも期待できます。

現在Swiftエンジニアの仕事は増えており、その伸びは今後も続くと予想されます。Swiftエンジニアとしての将来性は明るいでしょう。

参考;http://ggsoku.com/2016/04/google-is-considering-android-supporting-swift/

Swiftエンジニアの転職市場トレンド

Swiftエンジニアの求人案件は、Objective-cからの移行を担当する仕事、自社のアプリ開発の仕事が多いです。

また他のプログラミング言語に比べて上流工程を任せられる人材を募集する案件が多いのも特徴です。これはSwiftによる開発経験のあるエンジニアが少ないことが理由と考えられます。

数が少ないタイミングで上流工程の経験を積むことは今後のキャリア構築でも有利に働くでしょう。

またSwiftエンジニアはソニーや三菱電機グループのような大企業でも求人が出ています。

Swiftエンジニアの転職市場では独学での開発経験、企業での実務経験があればより多くの選択肢から自分にあった求人を選ぶことができます。

Swiftエンジニアになるには

Swiftエンジニアはまだ需要に対して人口が不足しているので、未経験でも募集している会社はあります。そのためエンジニア経験がなかったとしてもSwiftエンジニアとして採用される可能性はあります。

ですがそれでも最低限のIT・プログラミングの知識は必要とされるので独学で追いつこうとする意識が大切です。

また未経験可の案件は労働条件が厳しいところもあります。ワーク・ライフ・バランスを気にして転職活動を行うなら、独学で学んで自作のアプリ制作を行うなどSwiftエンジニアとしての実績を積むことが大切です。

Swiftに関する書籍は豊富に出ているので、それを読みながら実際に手を動かして作ることがおすすめです。独学で難しい場合はプログラミングスクールに通う方法もあります。

転職活動で有利に進めるためには未経験であってもSwiftを自主的に使って何か1つでも制作するようにしましょう。

Swiftエンジニアへの転職を成功させるたった1つのポイント

Swiftエンジニアへの転職を成功させるたった1つのポイントは、転職エージェントを活用するという1つに尽きます。

転職エージェントを活用すると以下5つの大きなメリットがあり、効率的に転職成功確率をグッと上げられます。

  • 転職プロによるキャリアカウンセリングが受けられる
  • 今の転職市場価値や、転職した後の想定年収を教えてもらえる
  • 希望する非公開求人を紹介してもらえる
  • 企業別に書類対策・面接対策をサポート
  • 年収・給料アップの交渉を代行

さらに転職エージェントは完全無料で利用できるので使わない手はありません。

無理に転職を勧めてくることはなく、相談した後に「やっぱり転職はしないで、今の会社で頑張る。」などの選択肢も可能です。

Swiftエンジニア求人に強いおすすめ転職エージェント5選

以下4つの観点から、Swiftエンジニアの方におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。

  • Swiftエンジニア求人・案件数が多い
  • ITエンジニア・SE専門のキャリアアドバイザーが在籍している
  • 転職成功実績、年収アップの事例がたくさんある
  • 利用者の評判・口コミが良い
転職エージェント 特徴
レバテックキャリア 人気No.1。IT・Web業界特化型の転職エージェント
マイナビエージェントIT 人気No.2。はじめての転職の方におすすめ
type転職エージェント 人気No.3。年収アップに強い。全体の年収アップ率71%
ワークポート ゲーム業界への転職に強み
doda 地方エンジニアの求人にも対応

2017年10月、各転職エージェントが保有するSwiftの求人数です↓

転職エージェント Swift公開求人数
レバテックキャリア 45件(非公開求人数80%以上)
マイナビエージェントIT 非公開
type転職エージェント 56件(非公開求人数約80%)
ワークポート 191件(非公開求人数70~95%以上)
doda 134件(非公開求人数80~90%以上)

東京・大阪で転職するエンジニアの方は、レバテックキャリアがおすすめです。公開求人数は多くありませんが、非公開求人の中にレバテックキャリアの優良独占求人があり、希望に応じて紹介してくれたりします。

技術に精通している元エンジニアのキャリアアドバイザーが担当となってくれるので、応募する企業ごとに具体的な開発環境・職場の雰囲気などの情報を提供してくれます。

「はじめての転職で不安...」「書類対策・面接対策をサポートしてほしい...」という方は、20代・第二新卒の転職に強いマイナビエージェントITがおすすめです。

マイナビエージェントITは、大手マイナビが運営しており親身で丁寧なサポートが受けられると評判の高いITエンジニア専門の転職エージェントとなります。マイナビが保有するネットワークが豊富で大手企業からベンチャー企業まで希望する求人を紹介してくれます。(非公開求人80%)

「転職時に必ず年収アップをしたい!」という方は、type転職エージェントが最適です。企業との年収交渉力に強いキャリアアドバイザーが在籍しているので、全体の年収アップ率の実績が71%を誇ります。

ただし首都圏以外の求人には弱いので、首都圏のエンジニアのみ登録しましょう。

ゲーム業界への転職ならワークポート。IT・ゲーム業界へのエンジニア転職を得意としていて、転職相談者数25万人の実績があります。

また、ワークポートでは「エンジニア未経験OK」の求人も保有しているのが特徴です。エンジニアは専門性が求められる職業なので、他の転職エージェントでは「エンジニア未経験OK」という求人はほとんど取り扱っていません。

「未経験からエンジニアになりたい!」方は登録必須です。

地方エンジニアならdodaです。大手IT企業からベンチャー企業、地元のIT企業まで求人をカバーしているので数多くの選択肢の中から最適な求人を紹介してもらえます。

面談拠点も日本全国にあるので、アクセス良く気軽にキャリア相談に行けます。

転職で悩んでいる方は、まずは相談しましょう!

最後になりますが、Swiftエンジニアとしての転職で悩んでいる方は、上記で紹介した転職エージェントにまずは登録して相談しましょう!

  • 年収・給料アップしたい
  • 新しい技術・スキルを学びたい
  • より高みを目指して挑戦できる環境で仕事をしたい

などと様々な悩みがあるかと思いますが、転職して新しい職場で仕事をすることにより、あなたが希望するキャリアを切り開いていけます。

Swiftエンジニア求人に強いおすすめ転職エージェント5選
  • レバテックキャリア|東京・大阪のエンジニアは登録必須
  • マイナビエージェントIT|はじめての転職の方におすすめ
  • type転職エージェント|年収アップに強い
  • ワークポート|ゲーム業界への転職に強み
  • doda|地方エンジニアの求人にも対応

あなたの転職が成功することを心から応援しています。

関連記事エンジニア転職エージェントおすすめ比較ランキング|IT・Web業界

あなたにおすすめの人気記事

1

「IT人材はどこの転職エージェントを利用すればいいの?」と悩んでいませんか? この記事では、IT人材の方の転職を最大限効率的にサポートしてくれるおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 「自社開 ...

-言語・スキル別のエンジニア転職

Copyright© Career Engineer , 2019 All Rights Reserved.