Webデザイナーの転職 職種別のエンジニア転職

Webデザイナーの転職|おすすめ転職エージェント厳選5選

2017年9月20日

Webデザイナーへ転職しようかどうか悩んでいる方へ。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 初めての転職で不安
  • 年収・給料アップしたい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 自分に合った求人がなかなか見つからない
  • どの転職エージェントを利用すればいいのか分からない

悩んでいることを相談したい方は、転職のプロである転職エージェントに登録しましょう!

ここではWebデザイナーの仕事内容、やりがい、求められるスキル、年収・給料、転職市場トレンド、Webデザイナーになるには、Webデザイナーにおすすめの転職エージェントについて詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事は、企業や個人などから依頼されたホームページのデザインをすることです。ホームページの全体のデザインやバナー作成といったデザインはもちろん、HTMLやCSSなどを用いたコーディングを担当することもあります。

大企業の場合はWebデザイナーとしてデザインに専念することもありますが、フリーランスなど小規模の事業形態の場合はクライアントとホームページのコンセプトやコンテンツなどについても話し合い、ホームページ作成そのものを包括的に担当します。

このようにWebデザイナーの仕事と一口に言っても、画像作成や編集だけのこともあれば、コーディングやディレクションなど幅広い仕事を担当する場合もあります。そのためデザインに限らず様々なスキルを身に付けることが求められる仕事でもあります。

Webデザイナーのやりがい

Webデザイナーのやりがいのひとつは、自分のデザインスキルを通して様々な事業の発展のお手伝いができることです。いくらよい事業であってもうまくアピールできなければ、世に広まることはありませんし、その点ではホームページは最高のツールです。

Webデザイナーがクライアントの要望を聞き取り、ユーザーにとってわかりやすいデザインを心がけることで、事業の内容が広まっていき売上が倍増した、ということもあります。

また仕事を通して様々な仕事に触れることができるのも、Webデザイナーならではです。現在は大企業から個人事業主に至るまでホームページを使った宣伝を行っており、クライアントも多種多様なので、様々な仕事に接することができるという意味では、Webデザイナーの仕事の醍醐味でしょう。

Webデザイナーに求められるスキル

Webデザイナーに求められるスキルとしては、まずデザインスキルを身に付けることが必要です。色の知識やレイアウトの技術などは最初に学んでおきましょう。

次に画像処理ソフトが使いこなせることです。AdobeのPhotoshopやIllustratorは、Webデザイナーにとって必須の画像編集ソフトです。WebデザイナーはPhotoshopを愛用していることが多いようですが、Illustratorも併せて習得しておくようにしましょう。

次に大切なのは、HTMLとCSSです。HTMLはホームページの骨組みを、CSSは装飾を担当するプログラミング言語です。プログラミング言語というと難しく考えがちですが、無料で学べるWebサービスなどもあるので、ぜひ積極的に習得するようにしましょう。

Webデザイナーの年収・給料

Webデザイナーの給料は、勤務先によっても異なりますが、平均300万から400万というところが多いようです。Web業界は近年どんどん発達しており、競争が激しくなっています。そのため単価も下がる傾向にあり、そのあおりを受けて人件費も安くなっているようです。

Webデザイナーの上流工程を担当するWebディレクターやWebプロデューサーなどになるともう少し給料も高くなるようです。

WebディレクターやWebプロデューサーは、Webデザイナーから昇進してなることも多い仕事なので、「幅広く仕事ができるようになって、もう少し給料をアップしたい」と考えているようであれば、こうした職種を見据えてキャリアを積んでいくのが望ましいでしょう。

Webデザイナーの転職市場トレンド

Web業界はどんどん発展しており、今やテレビに次ぐ巨大市場となっています。そのため、ホームページ作成やインターネット広告を担当するWebデザイナーの需要は日に日に高まっており、人材不足が続いています。

ただWebデザイナーだからといって必ず仕事があるというわけではありません。

PhotoshopやIllustratorなどで画像の編集やデザインができるというWebデザイナーはたくさんいますので、HTMLやCSSといったコーディングの技術はもちろん、SEOやコンバージョンといった集客に関する知識があってはじめて価値のあるWebデザイナーとして人事の目に留まるようになります。

こうした点からもきちんと転職先の求めるWebデザイナー像を研究し、自分のスキルはもちろん、作品集なども用意し、効果的にアピールしていくことが大切です。

Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには、必要な資格や学歴というものは一切ありません。デザインスキルに加えてHTMLやCSSといったコーディングスキルを身に付ければ、いつでもWebデザイナーになることができます。

しかしそれだけに他のWebデザイナーとは違うアピールポイントを身に付けていかなければ、Webデザイナーとして生き残ることはできません。例えばディレクションができる、PHPなどのプログラミング言語も問題なく使用できるといった点は強いアピールポイントになるでしょう。

Webデザイナーは誰にでもなれますが、クライアントの目に留まるWebデザイナーであり続けるのは難しいことです。日々新しいスキルを習得し、クライアントに重宝されるWebデザイナーになれるように頑張りましょう。

Webデザイナーおすすめ転職エージェント厳選5選

Webデザイナーの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、以下の転職サポートを受けることができます。企業から紹介手数料をもらっているので、サービス利用料は完全無料となります。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

『ワークポート』Webデザイナーの方は登録必須

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

ワークポートの特徴

IT・Web・ゲーム業界特化型の転職エージェント

Webデザイナー未経験OK求人の取り扱いも多数

有名IT企業からベンチャー企業・中小企業の求人までカバー

『レバテックキャリア』東京・大阪のWebデザイナーの場合

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★☆☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 東京・大阪

レバテックキャリアの特徴

IT・Web業界特化型の転職エージェント

キャリアアドバイザーのレベルは業界最高クラスの満足度

年収大幅UPの実績あり

『マイナビエージェントIT』大手マイナビが運営。20代・第二新卒に強い

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

マイナビエージェントITの特徴

大手マイナビだけの独占求人多数。非公開求人数80%

IT専門のキャリアアドバイザーが転職アドバイス

親身で丁寧なサポートと評判が高い

『doda』幅広い求人を紹介してくれる

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

dodaの特徴

Webデザイナーの求人数は業界トップクラス

希望に応じて求人をたくさん紹介してもらえる

全国各地に面談拠点があり、20代から40代まで幅広く対応可能

『リクルートエージェント』どれに登録すればいいのか分からない場合

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

リクルートエージェントの特徴

20代から40代のWebデザイナーまで幅広く対応可能

今のWeb業界の転職動向、転職全般のアドバイスが受けられる

半年から1年先の転職希望者であれば、まずは相談からできる

まとめ

転職サイトを使いながら自分1人で転職活動する場合、求人探しから始まり、履歴書/職務経歴書/スキルシートの作成、面接対策、企業との面談日程調整、企業との給料・条件面の交渉、退職手続き、入社時の手続きを全て一人で行わなければなりません。

しかし平日は仕事で忙しく、休日はプライベートで用事があったりして転職活動のための時間を割くことができずに、「転職をしたいと意識してから、気づけば2~3年過ぎてしまった。」という方は非常に多いです。

そんなあなたの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

以下のサポートを無料でしてくれるので、いち早くスムーズに転職を成功させたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

ただ考えているだけで行動に移さないままでは現状維持の状態ですので、全く何も解決することができませんし、年齢が上がるごとに採用求人枠が少なくなってしまうので転職することの難易度が上がっていきます。

そのため転職をしたいと意識した今が、あなたのモチベーション的にも転職活動を始めるべき絶好のタイミングであるといえます。あなたの目的別に転職エージェントに登録して理想の企業への転職を成功させましょう!

  • 『ワークポート』Webデザイナーの方は登録必須
  • 『レバテックキャリア』東京・大阪のWebデザイナーの場合
  • 『マイナビエージェントIT』大手マイナビが運営。20代・第二新卒に強い
  • 『doda』幅広い求人を紹介してくれる
  • 『リクルートエージェント』どれに登録すればいいのか分からない場合

人気記事IT転職エージェントおすすめ【IT人材は登録必須】

IT人材におすすめの人気記事

1

「IT人材はどこの転職エージェントを利用すればいいの?」と悩んでいませんか? この記事では、IT人材の方の転職を最大限効率的にサポートしてくれるおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 IT人材 ...

-Webデザイナーの転職, 職種別のエンジニア転職

Copyright© Career Engineer , 2019 All Rights Reserved.