Webディレクターの転職 職種別のエンジニア転職

Webディレクターの転職|おすすめ転職エージェント厳選5選

2017年9月27日

Webディレクター

Webディレクターへ転職しようかどうか悩んでいる方へ。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 初めての転職で不安
  • 年収・給料アップしたい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 自分に合った求人がなかなか見つからない
  • どの転職エージェントを利用すればいいのか分からない

悩んでいることを相談したい方は、転職のプロである転職エージェントに登録しましょう!

ここではWebディレクターの仕事内容、やりがい、求められるスキル、年収・給料、転職市場トレンド、Webディレクターになるには、Webディレクターにおすすめの転職エージェントについて詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターは、Web業界においてWeb制作の監督、管理を行う人を言います。Web制作では、主にWebサイトの制作を行います。

最初にWeb制作会社に制作依頼が来ると、WebディレクターはWebプロデューサーなどと共に打ち合わせを行います。そこで聞き取った要望に沿って制作を行っていくのですが、Web制作にはプログラマーやWebデザイナーなど数多くのスタッフがかかわります。Webディレクターの仕事は、こうしたスタッフをまとめていくことが主な業務となっています。

Webディレクターは、計画の全体を統括するため、デザインはもちろん、プログラミングスキルなどにも精通している必要があります。これは全体の工程を把握するために、スタッフそれぞれの仕事量を把握するためです。

またクライアントからの聞き取りから納品まで請け負うのもWebディレクターの仕事であり、プロジェクトを最初から最後まで責任をもって進めていく仕事でもあります。

Webディレクターのやりがい

Webディレクターは、Web制作におけるリーダー的存在です。クライアントがどのようなWebサイトを求めているのか打ち合わせを行ったり、デザイナーやプログラマー、ライターなどのスタッフが安心して仕事を進められるようにスケジュール管理なども行わなくてはなりません。

そういった意味では、Web制作に最初から最後まで関われるというのはやはりやりがいを感じますし、自分の進行でプロジェクトを動かしていけるというのは仕事の充実を感じるポイントになります。

プロジェクトが成功すれば、その実力が評判となり、どんどん仕事がそのプロジェクトチームに舞い込んでくることもあります。プロジェクトが成功するかどうかもまたWebディレクターの実力にかかっています。

Webディレクターに求められるスキル

Webディレクターは、基本的にWeb制作会社でWebデザイナーやプログラマーとして働いていた人がスキルアップしてなることが多い職種です。

Webディレクターは、それぞれのスタッフがどのように動いているのか把握する必要があります。そのためWebデザイナーやプログラマーとして働いていた経験がある人が、他のスキルも身に付けてWebディレクターに昇進することが多いのです。

Web制作には幅広いスキルが必要です。主要なスキルとしては、Webデザインやプログラミングはもちろん、SEOやスケジュール進行などがあげられます。最初はWebデザイナーやプログラマーとしてのスタートであっても、こうしたスキルを徐々に積んでいけば、Webディレクターにキャリアアップすることができるのです。

Webディレクターの年収・給料

Web業界の中でいうと、Webディレクターの給料は比較的高いほうに入ります。Webディレクターは、Web制作においてクライアントとの打ち合わせからスケジュールの管理までプロジェクトを取りまとめるリーダー的なポジションです。そのためWebデザイナーやプログラマーよりも給料は高めになる傾向があります。

Web制作会社にもよりますが、Webディレクターの給料は年収300万円台というところが多いようです。しかし実力のあるWebディレクターには、仕事依頼が殺到するということもあり、実力次第で給料を伸ばしていくことも可能です。

またその働きやすさからフリーランスのWebディレクターとして独立するケースも増えており、この場合は自分で営業をし、実力をアピールしていくことで収入を伸ばしていくことも可能です。

Webディレクターの転職市場トレンド

基本的にIT業界は人材不足が続いており、Webディレクターにも同じことが言えます。特にWebディレクターは経験豊富でスキルのある人材が不足しており、十分にアピールできる実力と実績があれば、かなり有利に転職活動を進めていくことができるでしょう。

また転職後もWebディレクターは、かなり好待遇で迎えられるのが特徴で、正社員登用であるのはもちろん、福利厚生などの待遇もかなりよい傾向があります。

こうした傾向からWebディレクターとして転職する場合は、自分のスキルと実績をどうアピールできるかがポイントになります。

スキルについてはWebデザインからプログラミングスキルはもちろん、CMSやSEOなどのスキルも取得し、それをどのようにプロジェクトで活かすことができたのかアピールできるようにしておきましょう。ポートフォリオも作っておくと、よいアピールになります。

Webディレクターになるには

Webディレクターになるには、まずWebデザイナーやプログラマーとしてWeb制作会社に就職するのが一番の方法です。そこでスキルを磨きながら実績を積み、ディレクションのスキルを身に付けるようにしましょう。

こうしたスキルが身に就けばWebディレクターに昇進するのも可能になってきますが、Webディレクターはフリーランスとしても活動できる仕事。併せてフリーランスとしてのスキルや運営なども学んでおくと、より働きやすい環境になります。

Webディレクターおすすめ転職エージェント厳選5選

Webディレクターの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントでは、以下の転職サポートを受けることができます。企業から紹介手数料をもらっているので、サービス利用料は完全無料となります。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

『ワークポート』Webディレクターの方は登録必須

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

ワークポートの特徴

IT・Web・ゲーム業界特化型の転職エージェント

Webディレクター未経験OK求人の取り扱いも多数

有名IT企業からベンチャー企業・中小企業の求人までカバー

『レバテックキャリア』東京・大阪のWebディレクターの場合

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★☆☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 東京・大阪

レバテックキャリアの特徴

IT・Web業界特化型の転職エージェント

キャリアアドバイザーのレベルは業界最高クラスの満足度

年収大幅UPの実績あり

『マイナビエージェントIT』大手マイナビが運営。20代・第二新卒に強い

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★☆
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

マイナビエージェントITの特徴

大手マイナビだけの独占求人多数。非公開求人数80%

IT専門のキャリアアドバイザーが転職アドバイス

親身で丁寧なサポートと評判が高い

『doda』幅広い求人を紹介してくれる

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

dodaの特徴

Webディレクターの求人数は業界トップクラス

希望に応じて求人をたくさん紹介してもらえる

全国各地に面談拠点があり、20代から40代まで幅広く対応可能

『リクルートエージェント』どれに登録すればいいのか分からない場合

各項目評価
総合評価 ★★★★
求人数・質 ★★★★
提案力 ★★★★
サポート力 ★★★★
年代別評価
20代
30代
40代
対応地域 全国

リクルートエージェントの特徴

20代から40代のWebディレクターまで幅広く対応可能

今のWeb業界の転職動向、転職全般のアドバイスが受けられる

半年から1年先の転職希望者であれば、まずは相談からできる

まとめ

転職サイトを使いながら自分1人で転職活動する場合、求人探しから始まり、履歴書/職務経歴書/スキルシートの作成、面接対策、企業との面談日程調整、企業との給料・条件面の交渉、退職手続き、入社時の手続きを全て一人で行わなければなりません。

しかし平日は仕事で忙しく、休日はプライベートで用事があったりして転職活動のための時間を割くことができずに、「転職をしたいと意識してから、気づけば2~3年過ぎてしまった。」という方は非常に多いです。

そんなあなたの転職を最大限効率的にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

以下のサポートを無料でしてくれるので、いち早くスムーズに転職を成功させたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

  1. キャリア相談
  2. 履歴書・職務経歴書の添削
  3. 面接対策
  4. 求人紹介
  5. 給料・年収交渉
  6. 面接日程の調整、入社日の調整
  7. アフターサポート

ただ考えているだけで行動に移さないままでは現状維持の状態ですので、全く何も解決することができませんし、年齢が上がるごとに採用求人枠が少なくなってしまうので転職することの難易度が上がっていきます。

そのため転職をしたいと意識した今が、あなたのモチベーション的にも転職活動を始めるべき絶好のタイミングであるといえます。あなたの目的別に転職エージェントに登録して理想の企業への転職を成功させましょう!

  • 『ワークポート』Webディレクターの方は登録必須
  • 『レバテックキャリア』東京・大阪のWebディレクターの場合
  • 『マイナビエージェントIT』大手マイナビが運営。20代・第二新卒に強い
  • 『doda』幅広い求人を紹介してくれる
  • 『リクルートエージェント』どれに登録すればいいのか分からない場合

人気記事IT転職エージェントおすすめ【IT人材は登録必須】

IT人材におすすめの人気記事

1

「IT人材はどこの転職エージェントを利用すればいいの?」と悩んでいませんか? この記事では、IT人材の方の転職を最大限効率的にサポートしてくれるおすすめの転職エージェントをご紹介しています。 IT人材 ...

-Webディレクターの転職, 職種別のエンジニア転職

Copyright© Career Engineer , 2019 All Rights Reserved.